じょにっき

鉄道会社マンの旅記録。社会人4年目。

【日本の美は日本海にあり】北陸(金沢・富山)&山陰(秘境駅)記録

旅行好きって言うと「オススメどこですか」みたいな話になる。

正直長崎をオススメするねんけど、線で見たときやと日本海側も捨てがたいなーって思う。

日本の美は日本海側にあり。

日本海側でまとめればそれなりのボリュームになった過去旅記録。

 

f:id:sunbay0816:20191012225250j:image

 

まずベタなところでいえば北陸。

富山・金沢は日本海側で最強やと思う。


f:id:sunbay0816:20191012230129j:image
f:id:sunbay0816:20191012230154j:image
f:id:sunbay0816:20191012230137j:image

21世紀美術館
f:id:sunbay0816:20191012230141j:image
f:id:sunbay0816:20191012230112j:image
f:id:sunbay0816:20191012230115j:image
f:id:sunbay0816:20191012230157j:image
f:id:sunbay0816:20191012230134j:image

雪降った後やから雪だるまもあったり。
f:id:sunbay0816:20191012230120j:image
f:id:sunbay0816:20191012230204j:image

金沢城も。

加賀百万石前田家の本丸。

ブラタモリ知識やけど金沢城の中で悶えるポイントは石垣の積み方。

当初はそのまま積んだ野面積みってやつやねんけど、代を重ねるごとにデザイン性というか個性が現れてくると。

21世紀美術館とか金箔で有名やけどまさに昔から芸術性が育まれてきたんやなと。

f:id:sunbay0816:20191012230145j:image
f:id:sunbay0816:20191012230150j:image
f:id:sunbay0816:20191012230108j:image
f:id:sunbay0816:20191012230124j:image

兼六園も。

f:id:sunbay0816:20191012230948j:image

 

 

全然関係ないけど金沢駅の在来線の発車メロディがすごい切なくてエモい気持ちになる。YouTubeにもあがってるけど絶対共感する人多いと思う。

 

北陸新幹線で富山へ。綺麗。速い。

 

まず行ってみたかったのは環水公園。

STAR会員なほどスタバが好きなもので、ここのスタバにぜひ1回行ってみたかったのです。
f:id:sunbay0816:20191014122338j:image

昼に行ってスタバで時間つぶしてたら夜に。スタバも空いててよかった。
f:id:sunbay0816:20191014122330j:image
f:id:sunbay0816:20191014122323j:image

これぞ映えとしかいいようがない。富山住んでたら毎日ここお散歩する。

寒かったけど人も少ないしいい感じだった。

 

翌日の富山市内はさらっと。

隈研吾建築。富山市ガラス美術館。

富山市コンパクトシティの最先端地で有名でLRTで市内を周れるっていうのがポイント高い。LRTもヨーロピアンでおしゃれやし。
f:id:sunbay0816:20191014122340j:image

富山城。
f:id:sunbay0816:20191014122334j:image

富山ブラック
f:id:sunbay0816:20191014122319j:image

帰りなんか珍しい新幹線おったから記念に。
f:id:sunbay0816:20191014122316j:image

 

本当は氷見の寒ブリとかもっと行きたいとこあったけど時間の制約上北陸はこのへんで。

 

 

後はだいぶ山陰のコアな場所をピンポイントで。関西から日帰りで行ける秘境駅

 

まず鎧駅兵庫県

青春18きっぷのポスターにも使われた。なんでだろう涙が出た、ってやつです。昔は向かい側のホームも使われてたけど、今じゃ線路も剥がされてしまって向かいのホームは使われてない感じ。けど自由通路は生きてるから向こうに渡れることは渡れる。
f:id:sunbay0816:20191012225301j:image

地下道渡った先は冒頭にも使ったけどこんな感じ。

f:id:sunbay0816:20191014123951j:image

玄関口はこんな感じ。

車で来ようとしても細い山道やし、列車は1〜2時間に1本やしかなり難易度高い。
f:id:sunbay0816:20191012225236j:image

こんな感じの駅が山陰線は続く。

諸寄駅

人がおるから写せてないけど駅舎入ったらホームから海見えるのよ。
f:id:sunbay0816:20191014124855j:image
f:id:sunbay0816:20191014124858j:image
f:id:sunbay0816:20191012225258j:image

そして居組駅

多分1番兵庫県の駅で難易度高いんじゃないかなと。

明治期に建てられた最も古い駅舎の1つ。2018年に建て替えられたからもう今はない。記録しておくのって大事ですね。日本庭園風の駅前といいまさに秘境駅

f:id:sunbay0816:20191012225247j:image
f:id:sunbay0816:20191012225255j:image

f:id:sunbay0816:20191014124626j:image
f:id:sunbay0816:20191014124632j:image

ホームはこんな感じ。新旧比較。
f:id:sunbay0816:20191014124639j:image
f:id:sunbay0816:20191014124635j:image

最後柴山駅


f:id:sunbay0816:20191014125351j:image
f:id:sunbay0816:20191014125403j:image
f:id:sunbay0816:20191014125418j:image

山上にあるねんけど下りたらすぐ柴山漁港やから海が見える。向かいのホームはもう使われてないから行けないねんけど。
f:id:sunbay0816:20191014125412j:image
f:id:sunbay0816:20191014125355j:image

この駅も明治期の駅舎やってんけど建て替えることになったらしく。
f:id:sunbay0816:20191014125415j:image

こんな感じになってた。
f:id:sunbay0816:20191014125400j:image
f:id:sunbay0816:20191014125422j:image

後は餘部駅も有名。餘部橋梁。

f:id:sunbay0816:20191014125406j:image
f:id:sunbay0816:20191014125828j:image

ここは高速降りてすぐやし行きやすいとは思う。もっといい写真は餘部でぐぐったらすぐ出ると思うので。

 

日本海側ってイメージ湧きにくいけど歴史感じさせられたりしてなんとなくエモくなる。だから旅行に行くとなるとちょっとワクワクするなと思った次第。

【LCC×青春18きっぷ】関西から北関東・東北・四国旅(世界遺産平泉&日光、道後温泉・金比羅山)

社会人なってからはそんなにケチらないようにはしてるけど旅行ってお金かかる。

人によってどこを削るかはまちまちやろけど、交通費抑えて格安旅(国内旅行)したいならまず思い浮かばんが青春18きっぷ

これまた昔、大阪東京移動したことあるけど、文字通り1日つぶれた。山口から大阪とかもそんな感じ。要はしんどい。

でも関西からやったら東北とか遠方にも行きたい。(逆も然り)

そんなときにLCC青春18の親和性は高い。

LCC青春18組み合わせた過去旅の記録。

 

f:id:sunbay0816:20191007001327j:image

日本LCC界の巨頭peach

関空を拠点に今回で言えば成田・仙台・松山の便持ってます。往復1万円も行かないときもあるのでそこを狙いました。

 

でこのLCC×青春18きっぷの何が強いって

LCCは早朝便が多いから移動先で使える時間も長くなる

関空も成田も仙台空港もJR直結なので青春18の元があっという間に取れる

(松山はバスで市内まで出ないとダメ)

この2点。

 

まず東北プランで言えば、

関空→仙台→松島→平泉→盛岡

ここまでで1日で行けた。

f:id:sunbay0816:20191007002051j:image

 

平泉。世界遺産でもある毛越寺庭園やねんけど上の写真イメージして行ったら下の写真が撮れた。これはこれで貴重かもやけど。
f:id:sunbay0816:20191007002058j:image
f:id:sunbay0816:20191007002102j:image

盛岡冷麺。冬の時期に食べるものじゃないけど名物なんだもの。仕方ない。

後で大阪王将であったかいもの食べたのは内緒。
f:id:sunbay0816:20191007002054j:image

2日目はちょっと課金して小岩井農場行ってから、あまちゃん堪能プラン。

三陸鉄道乗りつぶす。当時は北リアス線だったかな?

f:id:sunbay0816:20191007002643j:image

あまちゃん地震のシーンってこんなトンネルのシーンやったと思うねんな。もうあやふや。でも印象に残ってる。


f:id:sunbay0816:20191007002640j:image

ほんまに更地ばっかりやった。

震災の恐ろしさとかそんな仰々しいことは言わんけど、今まであったものがなくなるとそう簡単に再建できないっていう事実が改めて重たかった。


f:id:sunbay0816:20191007002636j:image

袖が浜駅もあった。

と東北2日目は寄り道してしまったわけですが、3日目はまた青春18

仙台から山形県の山寺。正式には立石寺って言うとか。

 

幻想的通り過ぎてもはや大雪だった。

f:id:sunbay0816:20191007003218j:image
f:id:sunbay0816:20191007003224j:image
f:id:sunbay0816:20191007003229j:image
f:id:sunbay0816:20191007003215j:image
f:id:sunbay0816:20191007003221j:image

 

帰りは雪による倒木で2〜3時間遅れになった。蔵王行くプランもあったけど崩れた。なんなら飛行機も欠航しそうやった。他の便結構なる中自分らの便だけ飛んだ。その代わりむっちゃ揺れたけど。

仙台空港さん、peachさん、ありがとう。

f:id:sunbay0816:20191007003639j:image

 

北関東プランで言えば、

1日目 関空→成田空港→偕楽園→宇都宮ぎょうざ

2日目 日光観光

3日目 大宮の交通博物館→成田空港

って感じ。

富岡製糸場世界遺産でよれんこともなかったけど交通博物館取ってしまった。これは完全な関心の問題。

 

日光。ブラタモリでは「日光東照宮はテーマパーク」って紹介されててこれで行ってみたいって思ったのでした。

 

f:id:sunbay0816:20191007005014j:image

この奥行き感やったり、
f:id:sunbay0816:20191007004940j:image

この足元で示す方角感やったり。
f:id:sunbay0816:20191007004944j:image

聞かざる言わざる見ざる。


f:id:sunbay0816:20191007005011j:image

どの方向からでも猫が睨んでくるとか。


f:id:sunbay0816:20191007005017j:imagef:id:sunbay0816:20191007004937j:image
f:id:sunbay0816:20191007005004j:image

権威の象徴やったり。ブラタモリで予習していくと飽きない。

ほんで奥日光。ここはバス使っての移動。

「日光を見ずして結構と言うなかれ」

明治期に滞在した外国人の言葉って言われてますが、それほどの景勝地やったって、どんなもんなんやろと。

中禅寺湖
f:id:sunbay0816:20191007004959j:image

華厳の滝
f:id:sunbay0816:20191007005007j:image

竜頭の滝。
f:id:sunbay0816:20191007004954j:image

戦場ヶ原にももちろん寄って。

トレッキング好きとしてはほんまに最高の1日になった。

日光を見ずして結構と言うなかれは真やった。

 

最後コンビニ寄ったら見慣れないもの売ってまして。
f:id:sunbay0816:20191007004949j:image

関東限定なんかな。レモン好きとしては関西にもほしい。

 

交通博物館はわざわざ写真撮ってない。

京都にも鉄道博物館があるねんけど、京都のは体験重視でファミリー向け・グループ向けな感じがする。大宮の鉄博はどっちかというと展示力で勝負って感じで1人旅の人には大宮の鉄博の方が楽しみやすいかなと思ったり。

 

北関東ってなかなか時間割けないけどpeachパワーで18も有効活用できると。

 

最後四国プラン。

関西から四国って車やと近いけど鉄道やと岡山まで出なあかんから大変。そこでLCCパワー。

一気に松山までワープからの鉄道移動。

そんな写真ないから簡略に。

道後温泉。行ったときは蜷川美花とコラボ中やった。

f:id:sunbay0816:20191007010515j:image
f:id:sunbay0816:20191007010512j:image
f:id:sunbay0816:20191007010519j:image

で翌日は徳島まで頑張って出て。渦潮見て。

次の日は徳島から琴平まで行ってこんぴらさん行ってって感じ。

最後はバス使って関西まで帰りましたが。笑

 

最近はできてないけど安旅の可能性を広げていきたい所存です。

【メモ】転勤なしやったら生きられないんじゃないかと思った話(老後2000万円時代)

東京一極集中。これは本当にどうにかした方がいいと思ってる。

 

東京に行くと確かに楽しい。最先端で刺激にあふれてる。おいしいお店おしゃれなお店も多い。活気もある。便利。

 

でも。なんかの拍子で、地震かもしれないし火山の噴火かもしれないしゴジラとか隕石かもしれないけど一気にその機能が壊滅することは実際にありうるわけで、にも関わらず全部そこに集めてしまうって日本人として普通に怖いと思うねんけどどうなんでしょ。

 

東京で農業や漁業なんてやってる人なんてほんの少数でこのまま地方衰退していったら国産の農作物やお魚だって食べられなくなるかもしれないのにそれでもいいんだろうかって思うし。

 

後東京の常識=日本の常識みたいな感じがどんどんテレビとかSNSにあふれててそういう選民意識みたいなんも怖いなと思うし。もともとは地方出身者の集まりなんだよって思ったり。これは精神論ですが。

 

普通に通勤ラッシュとか耐えれんなって思うし。特に災害とかで止まったときによう並ぶと思う。

グラハム著の「幸福の経済学」にもあってんけど、通勤時間が伸びれば伸びるほど生活の満足度は下がるって。1時間伸びれば50万か100万か忘れたけどそれくらい年収が下がったときの満足度と同じくらい下がるとかやったような気がする。まぁそれくらいラッシュを侮ってはいけないということです。

 

f:id:sunbay0816:20191006223430j:image

まぁいろいろあるわけですけど、やっぱり大学で地域活性化を専攻してた身としては生まれ育った関西に貢献したいなと思うわけではあります。普通に京都好きやし。

 

でもこれが難しい。

暇やったから今日将来のライフプランについて考えてみたんですけど。

 

京都に住みたい、子供は2人欲しい、年に2回くらいは家族旅行行きたい、老後2000万円必要ならそれへの備えも必要。家も欲しい。

 

こんな条件で積算してみたら。

 

ほんまにざーっくり計算でも、

1世帯あたりの手取りは平均55万くらいはないと厳しいのかなという結論に達しました。奨学金とか補助とか使わん想定。

 

手取り55万円言うたら少なく見ても年収800万、本音言うと1000万くらいはいるのかなーっていうところ。

 

この瞬間に専業主婦(夫)っていうのはノースキル文系人間だと難しい。

経営者、弁護士、医者とかじゃないですかね。

もちろん企業勤めでもそのライン自体の達成は可能ではあるけど、きっと現状の日本では転勤を伴うところになってくると思う。京都に住み続けるのはなかなかに難しい。

 

そもそも女性もバリバリ普通に働くっていう時代にこの前提自体がナンセンスではあるけど。ただ日本企業は大半が共働きを前提とした制度設計になってない。単身赴任 or 専業主婦前提、どっちにしろワンオペ育児前提の制度設計になってる。俺は少なくとも育休とかも取りたいと思うし、ドラマじゃないけど娘に「大事なときにお父さんはいてくれなかった」なんて言われたくないから、早急になんとかしてほしい。

 

となると共働きで年収1000万円を目指すってなるわけで、バブル期には女性は「3高」の男(高身長、高学歴、高年収)を求めてきたらしいけど、京都に限らず東京圏以外に住もうと思えば、男の側も自分の年収に合った女性を探さないといけない時代が来たわけで、ますます結婚が大変になるなあと。

 

なぜかお金の話から結婚の話になってしまったけど生きていくのは大変だなあっていうお話でした。

【ハネウマライダー】しまなみ海道日帰りサイクリング一人旅

中学生の頃にポルノグラフィティ岡野昭仁オールナイトニッポンが好きで、ついでにロケみつ稲垣早希ちゃんのサイコロ旅も好きでそれ以来ずっとしまなみ海道を自転車で縦走したいなって思っていた。

 

そんな希望を叶えた日帰り旅。過去旅の記録。

f:id:sunbay0816:20190919125519j:image

 

しまなみ海道を走破しようと思えば6つの島、だいたい70kmくらいを走り切る必要がある。

最初は途中のゲストハウスかドミトリーとかで1泊する予定やってんけど、思った以上にハイペースで行けてたから1日で行ってしまった。

でも余裕持って楽しむんやったら絶対泊まるべき。最後の2つの島はヒーヒー言いながら走った思い出。

 

スタートは今治からにした。

f:id:sunbay0816:20190919221727j:image

前乗りしてたホテルから自転車屋さんまでバスで行ってクロスバイクをレンタルする。大学時代の相棒と同じgiantのクロスバイク。予約とかもできたはずやからいいのに乗りたいなら予約しとくべき。走破するなら尾道で乗り捨てるようにするの忘れないこと。

後出発してからギアチェンジしたらむっちゃチェーン外れやすいことが判明したからちゃんと試し走りをしとくべき。

そんな試し走りせず浮かれ気分でまず1つ目の島。大島へ。

距離で言えば多分1番長い島。やからこそ絶対しまなみ海道今治から行くべきやなって思った。今治何もないし。尾道発展してるし。

 

自転車借りたとこが橋のそば。スタートした瞬間にひたすら橋を上る。

橋渡りきって大島上陸。しばらくこいで早速休憩。

f:id:sunbay0816:20190919221522j:image

1つ目の橋を眺める。むっちゃええ天気で気分すがすがしい。

瀬戸内といえば柑橘やから、ゼリーみたいなんも購入。むっちゃおいしい。
f:id:sunbay0816:20190919221527j:image

エネチャージして再出発。

海から離れたら左右に畑が広がってる道をぐんぐん進む。ただいかんせん上り坂。ぶっちゃけ普通にしんどい。

加えて1つ目の島でサドルがあたるケツの部分が痛くなってくる。

暑くなってきたし羽織ってた上着をサドルに巻きつけて少しでも和らげようと試みたりもした。1つ目の島で早くも何回も休憩したし、海も見えへんからはよこの島出たいっていう気持ちになった。まだ10時とか。この先不安。

 

んなこと言ってると2つ目の島伯方島へ。伯方の塩でおなじみの島。

伯方島は次の島に行くまでには3kmしかない。正直大島で心が折れかけてたし、お腹すいてるわけでもなかったからここは海を横目に気持ちよく通り抜けてしまった。ご機嫌です。

BGMはもちろんポルノグラフィティ

ハネウマライダーはもちろんミュージックアワーとかアゲハ蝶も合うね。

f:id:sunbay0816:20190919224544j:image

 

3つ目の島大三島

1番長居した島。

お腹も空いてきたしランチにする。もちろん海鮮。多々羅しまなみ公園。

f:id:sunbay0816:20190919224728j:image

国宝 大山祇神社にも寄った。航海の神様に旅の無事をお祈りした。源氏も山本五十六もお願いしたんやって。海事博物館も併設されてるんやけど博物館の展示もおもしろかった。御朱印もきっちりもらった。

 

BGMはYUIちゃんのsummer songとかlaugh awayとか。いいね。

 

 

さよなら大三島。次は生口島!ってところでこの2つの島を繋いでる多々羅大橋にも面白い仕掛けが。

f:id:sunbay0816:20190919225639j:image

多々羅鳴き龍って言って龍が天を登っていくように音が天に登っていくように感じられる場所。バチが置いてあるからそれカチカチ鳴らしてお試しあれ。

 

そんなこんなで生口島へ。

ほんまはこの島に泊まる予定やった。でもこの段階でまだ15時とか。お尻も痛いししんどいけどこのペースやったら走破できるぞって思ったから継続することに。

 

島ごと美術館って言ったりしててアートに溢れてたりもする。さすがにしんどくて写真は撮ってないけど。

瀬戸田サンセットビーチって言って海岸線がすごい綺麗なビーチもあった。通ったんはサンセット前やったから気になる方はググってください。泊まる予定やったから見る予定ではあったんやけど。

 

何よりも生口島はレモンが有名。レモンの島。レモン好きとしては大歓喜

寄ったのは島ごころ。

f:id:sunbay0816:20190919232508j:image

レモンケーキがむっちゃおいしかった。

レモン色の店舗もええよね。

ドルチェっていうジェラートのお店も別にあったけど時間の都合上断念。

ここが最後のエネチャージ。

後はケツ痛いしんどいの感情だけで乗り切った。

 

生口島出たら因島

ヒカルの碁むっちゃ好きやねんけど、キーパーソン本因坊秀策の出身地。ヒカルも来た島やし、昔囲碁教室通ってた時期ある身としては寄ってみたかったけど寄ってたら真っ暗になるからパス。尾道から近いしまた機会あれば。

最後の島向島に渡ろうとしたときの夕陽がノスタルジックだった。

f:id:sunbay0816:20190919233830j:image

 

最後の島向島尾道市からちょこっとしか離れてないからこれまでは畑とかばっかりやったんが普通に街中走る感じになる。店もチェーンがあったりとか。

道は平たいから楽やけど交通量多いし味気もないかなって感じ。

向島からだけは橋じゃなくて(交通量多くて渡らんらしい)、渡し船で渡る。

f:id:sunbay0816:20190919234202j:image

本土に着いたときの達成感よ。19時とかやったかな。10時間近くかかったことになる。

チャリ返すときにおっちゃんが「これ2日借りとるけどええんか」って言われたときはなぜかちょっとドヤ顔。

 

ハネウマライダー聴いてたらさわやかな気分なるけどしまなみ海道サイクリングはとにかくアップダウンが激しい。プラスサドル対策もしとかんと体力の消耗が痛みでさらに増してしまう。

ビワイチもやりたいな思ってたけど今回の旅でいいやってなってしまった。自転車の辛さを感じた旅でした。

 

 

昔来た時よりも尾道の駅舎むっちゃ綺麗にしてて。調べたら尾道熱いらしい。

https://www.setouchi-palette.jp/projects/onomichi/

モデルプランとかも組めそう。

 

浮いたホテル代使って福山から新幹線、しかもグリーンで帰りましたとさ。

さくらはもともと指定席ですらゆとりあるからあんまありがたみなかった。間違えたなと。

f:id:sunbay0816:20190919231050j:image
f:id:sunbay0816:20190919231045j:image

 

 

完全なおまけやけど広島から呉経由して三原まで行く瀬戸内マリンビューっていう観光列車が運行終了するらしい。

f:id:sunbay0816:20190919230241j:image
f:id:sunbay0816:20190919230252j:image
f:id:sunbay0816:20190919230248j:image
f:id:sunbay0816:20190919230245j:image

間近に海が見えて映えやし、しかも乗車券のみでも乗れる列車やからぜひ乗ってみてほしい。

詳細は

https://www.jr-odekake.net/railroad/kankoutrain/area_hiroshima/setouchi_marine_view/

でダイヤ要確認。なくなるらしいけどいつなくなるかも多分書いてるはず。

呉の大和ミュージアムとか軍港ツアーみたいなんもすごい楽しいし。呉観光とセットにしたらベスト。瀬戸内楽しい。

【メモ】結婚を人生の墓場にしたくない

今年で26になって社会人も4年目になると結婚の話題は避けられなくなってくるわけですけどなんとなくモヤモヤすることがあったので備忘がてら。

 

全然旅行と関係ないのも味気ないし、友ヶ島の写真も貼りつつ。

f:id:sunbay0816:20190919013002j:image

 

先日大学時代からずっと読みたかった「幸福度をはかる経済学」(ブルーノ.S.マーズ著)が4年越しくらいでようやくAmazonで定価にまで値崩れしてたから買って読んだんやけど、その中に結婚と幸福度の相関性の項目がある。

端的に言えば、結婚は幸福度を高める。幸福度のピークは結婚前でそっからは落ちていくらしいけどそれでも独身の幸福度よりも高い数字を維持し続けるとかなんとか。

 

もちろん別にそういう理由だけじゃなくても結婚願望はそれなりにあるけど、じゃあ相手はどうすんねん問題が出てくる。

 

会社でも同期でもそういう話になったら

結婚の決め手何やったんですかっていつも聞くようにしてる。聞けば結局はそういう時期にそういう人と付き合ってたからってとこが多いのかな。

基本的にはどの諸先輩も幸せそうやからいいなって思うし、先輩からもはよ結婚しろよって言われる。

 

そんな中で、

理想が高いんちゃうって言われることがある。

自分のルックスとか中身がその理想に見合ってないって言ってしまえばそれでこの話は終わってしまうからあえて触れないけど、そもそも理想が高いって悪いことなんかな。

 

結婚相手って死ぬまで一緒にいるとしたら50年一緒におる人。子供作ったとしてもその結婚期間の半分以上は2人で過ごすんであれば、求めるべきは母親の役割じゃなくて絶対人生のパートナーであるべきって考えちゃう。

その相手選びの結果ただのATMとしての機能を果たすだけの生活にもしたくないし、人生の墓場にもしたくない。

 

僕の場合であれば、1番生きてて楽しいと思うときは旅行してるときやから、それを共有できたらいいなって思う。

今まで行ったキューバとかウズベキスタンとかベトナムをいいやんって言ってくれて、ヨーロッパも行きたいけどモロッコとかエジプトとかヨルダンとかトルコとかボリビアとか行きたいって言ってくれる人がいいなと。

 

まぁいないんですけどね。合コン行ってもマッチングアプリにもいないんですけど。どこかにいないですかね。諦めるしかないんですかね。

1人だけ行きたい国の好みがむっちゃ合う男の先輩がいるから同性婚しかないのかな。

 

あくまで僕の場合はこういう感じなんですけど譲れないとこって誰であれ絶対あると思っていて、ただ結婚できる人はそこをミニマム化できた人かなとも思っていて。ミニマム化しても楽しいって思えたときが結婚するときなんかな。

 

まぁその時々に応じてパートナー変えてもいいっちゃいいんだろうけど。

 

もし勝手に譲れないとこはミニマム化されるのであれば、なおさら理想についてはほっといてくれよって思ったり。

他人の見る目にケチつけたいならバチェラー見とけよって話です。

 

ちなみにシーズン1はもりもり推し。シーズン2はまみちゃん推しやったけど、インスタ見てななこちゃんに推し変。シーズン3はインスタにキューバ写真あげてたから今のところは恵ちゃん推しではあるんですけどね。

とまぁこうやって好き勝手言うのが人生の楽しみやからどうしようもないですね。

 

【二人旅】ネパール(ポカラ、カトマンズ)6泊8日

 

インド文化とチベット文化が混ざったネパール文化とヒマラヤを満喫する旅。過去旅の記録。

15~19日 ポカラ

20,21日   カトマンズ

 

f:id:sunbay0816:20190915182401j:image

続きを読む

【一人旅】キューバ(ハバナ・ビニャーレス)4泊6日

2019.7.11〜7.16

社会主義とクラシカルな街並みを体感する旅。

11日 関空→羽田→トロントハバナ

12〜13日 ハバナ

14日 ビニャーレス

15〜16日 ハバナトロント→羽田

 

カストロも亡くなって、徐々にではあるけど経済的に開放されつつあるキューバ

アメリカ資本が入ってきたら、クラシックカーも古いコロニアルな街並みもなくなっていうかもしれない。社会主義的な空気もなくなっていくかもしれない。

 

その前にそんなキューバを見ておきたくて、オードリー若林のエッセイにも感化されつつ行くことにした。

むっちゃ感動したので文章量も多め。

f:id:sunbay0816:20190716191029j:image

 

 

続きを読む